2010年10月29日

第1回歩いて楽しいまちなか戦略推進会議のレポート

第1回歩いて楽しいまちなか戦略推進会議

2010年10月29日13時半から@京都ホテルオークラ

傍聴者は5名。委員の飲み物はグラスに入ったお水。傍聴席にも同じ物が用意されていました。

あれ? 歩いて楽しいまちなか戦略推進会議って、既にあったのでは? 今回が1回目? と思ったあなた、ごもっとも。

実は4年前の2006年5月から、「歩いて楽しいまちなか戦略推進協議会」というものがありました。今回の「歩いて楽しいまちなか戦略推進会議」は、その協議会を「発展的に解消」し、さらに進めるために設置された「会議」です。

四条通は歩道拡幅の方針が決定してます。同時に、バス交通、荷捌き、タクシー、自転車についての課題があります。

この歩いて楽しいまちなか戦略推進会議で、11月から実施が計画されている各種社会実験を通じて、四条通歩道拡幅への課題をクリアにし、クリアしていこうというものです。

社会実験は基本的に、バスもタクシーも荷捌きも時間や場所、数を集約した上で道路状況や影響を調べます。また、一般車両は後方や啓発を通して抑制を目指します。自転車については臨時駐輪場を設置されます。

冒頭、交通政策監の挨拶の中で、傍聴者に向けて「必ず前に進めていくので、ご意見お寄せください」との発言がありました。

進行役の塚口会長も挨拶の中で、「今すぐに拡幅するべきでないという意見に対しても柔軟に対応しつつ、不退転の思い」とのことです。

事務局である京都市の用意した案の説明終了時で、既に時間の半分が終わろうとしていますが、その後、交通事業者、商店関係者、道路管理者、それぞれの想い、それぞれの立場で、意見が出ました。具体的な場所や台数、道路構造の細かい話から、四条通のありかたの大きな話まで。

吉永ゆうき的視点:「歩いて楽しいまちなか戦略」の会議です。歩道拡幅のために四条通の交通をどうしていくかという話が繰り返されていますが、どのように歩いて「楽しい」まちにするかという話が少し足りないと思います。

と思ったら、終わり間近で委員からも出ました。委員:「歩いて楽しいまちなか」の定義と目標は? 住んでる人もいるので「歩いて楽しく暮らせるまち」にしてはどうか。また、四条通以外の道も大事。<交通政策監:歩くまち総合交通戦略では「まちのにぎわいをとりもどし、人がたくさんくるまち」それ以上は話が長くなるので。会長:生活している人の視点は忘れないようにする。

会長:本日のまとめ。四条通り周辺をどのようなまちにしたいのか。公共交通を優先し、ゆったり歩けるまち。これは、大枠で合意が出来ているとの認識。ある程度一定の方向へ進みつつあると感じた。

posted by 吉永ゆうき at 15:50 | Comment(0) | 傍聴レポート

2010年10月22日

御池通で自転車通行環境整備の実証実験が行われます

京都市の広報ページ「御池通自転車通行環境整備に係る実証実験について」にある通り、11月12日から18日の朝から夕方まで、御池通で歩行者と自転車の通行空間を分離する実験が行われます。現状でも、舗装の色で分けられていますが、白テープ等で明確にするそうです。

御池通は、自転車でよく通りますが、自転車のゾーンに歩行者が歩いていたり、車が止まっていたりで、歩行者のゾーンに出ざるをえないこともあります。現在の歩道の形状では、自転車含め通る人皆がしっかりと意識する必要がありそうです。

ところで、京都市内には、もっと明確に自転車の走行空間が分離されている通りもあります。

知ってる限りで一番明確に分離されているのが、三条通の佐井通(春日通)から西小路通にかけての北側です。 三条通 赤い車が停まっている路肩の横が4mほどの幅の植込みになっていて、車道の路面より一段高い土地に木が植えられています。さらにその外側に車道と同じ高さのアスファルト舗装の自転車道があります。幅は1.5mほどです。その外側に自転車道より一段高い歩道があり、ガードレール等はありません。ちなみに写真左下の白い車の下は、嵐山電鉄の線路です。

同じ三条通の西大路より東側でも七本松通りの辺りまで、自転車走行ゾーンが設けられています。 三条通2 ここの自転車走行ゾーンはカラー舗装され、歩道との間にブロックが置かれています。自転車走行ゾーンと車道との間には柵があります。地面に自転車のマークも塗装されているのですが、歩道が空いているのに自転車走行ゾーンを歩く人をよく見かけます。おそらく無意識なのでしょうが、行動心理学の専門家に聞いてみたいです。

それから、五条通でも、歩道の一部が塗り分けられ、自転車走行ゾーンと歩行者ゾーンとの間に花壇が置かれています。 五条通 ここも御池通のように、自転車も歩行者もゾーンに関係なく通っている事が多いです。ちなみに五条通は自転車専用道の整備が計画されています。2011年2月に完成予定です。(京都新聞の記事「京の都心 自転車専用道 国交省 五条通に11年設置」)

そして七条通です。七本松通から大宮通ちかくまで、歩道の一部が自転車走行ゾーンになっています。 七条通 自転車走行ゾーンと歩行者ゾーンとの間に木が植えられ、地面も色分けされています。さらに区別を示す標識も設置されています。ただ、自転車走行ゾーンにお店の看板や鉢植えが置かれている箇所もあり、自転車走行ゾーンを通る自転車は少なめです。写真の手前から二本目の木の辺りがバス停なのですが、ベンチやバスを待っている人が木の陰になり、自転車走行ゾーンからは見え難く危険です。

最後に、自転車走行空間とは直接関係ありませんが、自転車つながりという事で、来週に開催される自転車等駐車対策協議会の情報にリンクしておきます。「平成22年度第2回京都市自転車等駐車対策協議会の開催について」(京都市のページ)

posted by 吉永ゆうき at 12:23 | Comment(0) | 広報・情報公開

駐車場設置基準緩和に向けて京都市駐車場条例が改正されるかもしれません

本日付けの日経新聞に「京都市、駐車場設置基準を緩和 大型施設など誘致へ」の記事がありました。

 京都市は20日、中心部のにぎわいを戻すため、建物を新築・増築する際に義務付けている駐車場設置基準を大幅に緩和する方針を決めた。来春の市議会に駐車場条例改正案を提出する。商業施設やオフィスビルを開発する事業者の負担を軽くし、市内への誘致を進める狙い。マイカーなどの流入を抑えるため公共交通機関の利用も促す。

 条例案によると、駐車場の設置を義務付ける台数を商業施設で35%程度、オフィスで40%程度、工場で50%程度、それぞれ引き下げる。延べ面積1万平方メートルのホテルを新築する場合、現行は「44台以上」の駐車スペースの確保が必要だが、新基準では「27台以上」に緩和される。

 建物から離れた場所を駐車場として利用できる特例についても、現行の敷地から200メートル以内から、500メートル以内に緩和する。

 今回の基準緩和で、事業者は駐車場に割いていた面積を施設の一部として利用できるようになる。景観保護のため、京都市は条例で中心部の建物の高さを規制しており、これまで大型施設の開発を希望する事業者にとって採算がとりにくいとされてきた。

気になるのは、基準緩和の目的です。日経新聞では「大型施設など誘致」とありますが、京都市の中心部には大型施設が建てられるような敷地はほとんど残っておらず、京都駅北東と山ノ内浄水場跡地くらいです。ということは、誘致しようにも既存の建物の建て替えが前提となります。

実はこの基準緩和、自動車の交通量を減らすための物です。地下鉄を始めとする公共交通の利用促進と環境モデル都市の目標クリアのために、京都市は今年春に市駐車施設基本計画を見直し、京都市街の駐車場抑制へと方針転換しました。詳しくは京都新聞の記事「京都市街の駐車場抑制「歩くまち」へ市が方針転換」等をご覧ください。

つまり、今後は駐車場が減るので、乗用車で京都中心部に行くと不便だよ、だから地下鉄乗ろうね、というわけです。ただ、市民の日常生活に大きく関わり、このまま直接市会に提案するのは難しいと思いましたが、やはり市は市民意見(パブリックコメント)を募集するそうです。

京都市のページ「「京都市駐車場条例」改正の素案に関するパブリックコメントの実施について(お知らせ)」によると、11月の1日から月末まで、郵送,FAX,持参又は電子メールで受け付けるそうです。リンク先に図入りの解説PDF資料もあります。

単に渋滞と路駐が増えるだけのような気もしますし、物流や観光地はどうするのかも考える必要がありそうです。京都市の思惑通りにいくでしょうか。

ところで、日経新聞の記事の視点が少しずれているかのような文章になってしまいましたが、逆に日経新聞の通りだとすると、京都市は大型施設を誘致しようと考えているということになります。

既述の通り、新築は可能性が低いのですが、あえて新築で考えると、今計画されているのが、山ノ内浄水場跡地の大学施設と、梅小路公園の水族館です。

山ノ内の方は地下鉄駅すぐなので、5万人増客に向けて無理にでも地下鉄利用を促進したいはずなので強引に駐車場不足に持っていくのもわからなくもないですが、水族館の方は遠方からの観光客もしくは家族づれや足などに障害のある人等、自家用車でなくては困る、という利用者も少なくないはずです。説明会での話では公園の既存台数より増やすという計画でしたが、水族館の敷地ではないのでどうなるでしょうか。

一方、新築に拘らないとすると、京都会館の立て替え(参考ページ「舞台一新、にぎわい再生 京都会館50周年で、市が再整備構想(京都新聞の記事)」「京都会館再整備検討委員会(京都市のページ)」)や国立国際会館の増築(参考ページ「京都国際会館拡張へ観光庁が調査開始(京都新聞の記事)」)も計画されています。おや? いずれも地下鉄の駅から徒歩圏内ですね。これらの計画でも駐車場不足においこんで地下鉄増客を狙うという事でしょうか。

最後は、妄想の域を出ませんが、そう考えると日経新聞の記事もまんざら外れてないような気になります。

それから、このタイミング(?)で京都市は、常設のパークアンドライドを開始するようです。京都市の広報ページ「【地下鉄でPiTaPaを使うと,駐車料金が200円OFF!】 ICカード乗車券「PiTaPa」を活用したパーク&ライドサービスの実施について」によると、このサービスは六地蔵だけのようですが、市内にはパーク&ライド用の駐車場が他にも用意されています。「京都観光パークアンドライド のりかえ駐車場案内(京都市の案内ページ、地図から駐車場を探せます。)」「パークアンドライド駐車場案内携帯版(各駐車場の地図,住所,最寄り駅,開設時間,駐車料金など)」

posted by 吉永ゆうき at 09:49 | Comment(0) | 広報・情報公開

2010年10月15日

京都市市民参加推進フォーラムが審議会のネット生中継を開始

中継画面

本日18時半に、京都市の審議会「京都市市民参加推進フォーラム」が、ウェブサービスustreamを利用しての審議会の生中継を開始しました。(http://www.ustream.tv/channel/c-media-lab-kyoto-movie

これまでフォーラムは、公開とし、傍聴席の用意もされてきましたが、地域メディア実践事例研究会の協力のもと、今回初めてインターネットでの公開生中継を行います。私も東京から傍聴しています。

審議会は今年度市民参加推進計画の改訂に向けて、2つの部会に分かれて議論を重ねてきました。今日はそれぞれの部会の報告という位置付けかと思われます。ちなみに、審議会本会としては初めてのネット中継ですが、各部会ではこれまで数回ずつネット中継されていました。

京都新聞の記事「京の審議会 ネット中継、15日 京都市試験実施」では「一方、市が5月に市民3千人を対象に市の事業に企画段階から市民が意見を言う機会などを尋ねた調査で、「十分ある」と答えた人はわずか7%にとどまり、5割近くが「そう思わない」「どちらかというとそう思わない」と回答、意見を主張する機会が少ないと感じている市民が多い結果が出た。」とありますが、機会の多少以前に、既にある機会も市民に知られていないというのが実情です。

中継では、冒頭に審議会委員や事務局職員の自己紹介(大半の審議会では、通常、初回でするのみです)をおこなったり、会議資料を映したり等、ネット傍聴者への配慮もされています。19時現在視聴者は17人です。会場での傍聴者は3人(の様に見えます)。

参考資料として、「京都市市民参加推進フォーラム第29回会議の開催について」を紹介しておきます。そろそろ両部会の報告が終わりそうなので、私も「ネット傍聴」に戻ります。

posted by 吉永ゆうき at 19:11 | Comment(0) | 広報・情報公開

2010年10月06日

第2回京都市タクシー駐停車マナー向上マネジメント会議のレポート

img042.jpg

久々の傍聴レポートは第2回京都市タクシー駐停車マナー向上マネジメント会議。

2010年10月6日13時〜15時@消防本部作戦室

傍聴者は2名。委員の飲み物は伊右衛門ペットボトル。

タクシードライバーのマナーと利用者マナーの悪循環を断ち切ろう、というのが前回の話。タクシー事業者団体、個人事業者組合、府警、近畿運輸局、市交通局が参加。

アンケートの内容からすると、事務局としては四条通での改善を主に狙っているかと思われる。

ドライバーへの方策としては、駐停車についての意識調査を実施し、マナー向上の意識を持ってもらうことを狙う。事業者団体や組合からは、スケジュール等に余裕がほしい、郵送の手間が困難、との声。市としては年度内に成果を出す必要があるはずなので、スケジュールの変更は難しいか?

議長:ドライバーの本音を書いてもらえるよう、修正する。調査の意義等理解してもらえるような送り状も工夫する。議長と事務局預かりということで、良いか。

異議なし。

委員:四条河原町のスピーカーで注意するときにナンバーを連呼すればドライバーは恥ずかしくていられないのでは?

府警:以前はナンバーと事業者名を言ってかなり効果があったが、地元からかわいそうだという声があり、車の色で注意している。市民感情を考慮しているということでご了解いただきたい。

議長:声のトーンや中身等引き続き工夫していただきたい。

吉永ゆうき的視点:ほとんどのドライバーも事業者も、駐停車禁止の建前は理解していると思われる。しかし、現実として、乗り場や待機スペース、利用需要に対して台数が多すぎるため、交差点等で客待ちしないと利益があげられないという状況がある。料金や話題性、サービス内容の工夫で利用者増を狙う事業者もいるが、個人タクシーでは難しい。建前のアンケート調査をしたところで、誰かが抜け駆けすれば、他のドライバーや事業者も追従せざるをえない。性善説に頼りすぎず、飴と鞭の工夫が必要なのではないか。

事務局:利用者へは、ステッカーや看板の設置を想定。チラシ配布も検討中。手法は未定。意見をいただきたい。

府警:警察での啓発チラシ配布は受け取られ難い。ティッシュだと受け取ってもらいやすい。工夫が必要。

委員:バス停にはバスの情報しかない。バス停でタクシー乗降できないことを掲示してはどうか。

府警:25カ所のバス停では掲出している。

委員:モデル地区を指定して繰り返し啓発するしかない。

議長:四条通を期間限定のモデル地区指定していろいろな策を講じるのが良いのではないか。事務局は異論無いか。

事務局:同様の考えだ。

議長:名前を考える必要はあるが、調整して、この会議の名でモデル地区指定するということにする。

異論は出ず。

委員:より目立つ色使いが良い。

事務局:キャラクターの名前も募集したい。他にも意見が有れば出してほしい。

吉永ゆうき的視点:また、利用者への啓発も景観を損ねない範囲で駐停車禁止場所での掲示が良いが、タクシー利用者層を考えると、今回の案よりも大人っぽい方が良い。利用できないことをアピールするより、「そこが駐停車禁止場所であること」と「駐停車禁止場所でタクシー乗降するのは恥ずかしいこと」の周知が必要と思われる。特に、車の免許を持ってない人の中には、駐停車禁止を知らない人も多いと思われる。

吉永ゆうき的視点:議長の藤井教授の会議進行は、野球の例えを出したりクダケた言葉を使ったりと、会議が堅苦しくならないよう、意見を出しやすいよう、進行の工夫が感じられる。

写真はアンケート用紙と共にドライバーに配られる啓発冊子の一部。四条通に6カ所あるタクシー乗り場の位置、及び駐停車禁止位置、違法駐車台数が示されている。タクシー乗り場は、大丸前、ルイヴィトン前、藤井大丸前、新京極通交差点前、高島屋前、丸井(旧阪急)前の6カ所。みなさんご存じでしたか?

ちなみに、「京都市タクシー駐停車マナー向上マネジメント会議」という名称の通り、乗り場配置や手法についてはあまり踏み込まれていない。事業者や共同組合は、そちらの方に意見をかなり持っていそう。(会議時間に余裕があったので意見を求めたところ、バスタクシーレーンが活用されてない、四条烏丸と四条河原町の南北のタクシー乗り場が足りない、等の意見が出た)。事務局からは、四条通について業界に意見を聞く予定との説明あり。乗り場について業界と京都市が定期的に協議する場は無い。

議長:平場で協議する場が必要と感じる。

委員:緑の人に、取り締まり権限はないのか。

府警:放置駐車の確認業務。人が乗っている車の取り締まりの権限はない。ただし、どいてくださいと言うのは、誰でも出来る。免許提示を求めたり取り締まれるのは警察だけ。

(2010.10.7追記)京都新聞に「「ノーマイカーデー」公用車自粛再度促す 京都市」という記事が前日付けで出てました。公用車はマイカーなのでしょうか。公用車をマイカーと認識している人がいたらそれはそれで問題ですが、マイカーじゃなければ良いという事でもないと思われます。いっそのこと公共交通であるタクシーを通勤に使うとか。追記終わり。


posted by 吉永ゆうき at 15:01 | Comment(0) | 傍聴レポート
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。